ウェディングドレスの種類

結婚式に対して様々な憧れを持っている人も多いのではないでしょうか。
特に女性にとってきらびやかな結婚式を行いたい、ということは子供の頃からの憧れで、譲れないポイントになっている人も多いといいます。
実際、結婚式に対する考え方の違いから結婚がうまく行かなかったり、結婚後にもしこりが残ってしまうことがあるほどです。
そんな結婚式の中でも特にポイントとなってくるのが「ウェディングドレス」ではないでしょうか。
結婚式を綺麗なものにしているのがまさにこのウェディングドレスであり、憧れを持つ理由となっているとも言えるでしょう。
主にキリスト教式の結婚式においてウェディングドレスは利用されます。
それが理由で、日本国内でも神道式よりもキリスト教式の結婚式の方がよく利用されていると言えるでしょう。

それでは、まずはドレスにどのような種類があるのかについて見てみましょう。
ドレスにはシルエットによって5つの種類があります。
それぞれ似合う体型が違っているため、自分にあっているものを選ぶのが良いでしょう。
年齢によっても合うものと難しいものがあります。
「ウェストの位置が高いAライン」「スカートの膨らむプリンセスライン」「全体にフィットするマーメイドライン」「胸下で切り替えるエンパイアライン」「ラインを強調するスレンダーライン」の5つです。
この先のページではそれぞれがどのような体型の人ににあっているのかについて紹介させて頂きます。



◎特集
結婚式の前撮りやフォト婚の撮影を行っている渋谷のウェディングフォトスタジオです →→ 渋谷 ウェディングフォト